放蕩者の遍歴(上)

放蕩者の遍歴(上)
Purchase Limit:
2

  • Physical (direct)
    Ships within 5 days
    500 JPY

『放蕩者の遍歴(上)』 昭和松小説 全年齢対象・オールキャラ ページ数:76ページ 作者:濱松哲朗(遠足前夜) 【あらすじ】 昭和十年五月、日比谷公会堂。松野家の六つ子達は、 幼なじみのピアニスト・弱井トト子の凱旋帰国コンサートに集う。 やがて、何不自由なく学生生活を謳歌していた彼らの元にも、 時代の荒波が容赦なく押し寄せて来るようになる――。 SNS上で物議を醸したいわゆる「昭和松」イラストに着想を得た、 「おそ松さん」の六つ子達による日本文学史&音楽史オマージュが、今ここに開幕する。 サンプルはこちら→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7297911 【注意事項】 このシリーズは、2016年7月末にTwitter等で問題となった、公式グッズのいわゆる「昭和松」イラストを、日本文学史と日本音楽史へのオマージュという形で生かそう、という試みです。 要するに、文脈無く提示されたイラストには「文脈」をつけてやりましょう、と考えて、それをやってみよう、というもの。 あのイラストをどの「文脈」に落とせば良いだろうか、と考えた時、真っ先に私の頭に思い浮かんだのは、戦後文学の膨大な作品群でした。 そのため、作中では以下の現象が生じています。 ・舞台が昭和10年代(全員1915年生まれ)。 ・基本的にオールキャラですが、章ごとに登場するキャラクターには偏りがあります。 ・6つ子はニートではなく、高等遊民(要するに、いいところのボンボン)として描かれます。 ・合わせて、トト子もなんかすごいことになってます。これには、史実に基づいたモデルがいます。 ・文学作品のオマージュやパロディ、あるいは文学史・音楽史の史実に基づいた描写が含まれますが、その都度注釈を付けることはせず、巻末に参考文献を上げるのみに留めます。 ・『細雪』(谷崎潤一郎)のパロディをするため、十四松とトド松は数年前に「本家の養子」に貰われている設定です。 ・この後、(中)(下)と続き、3巻本で完結予定です。 【商品の発送について】 ・スマートレター(180円)を使用します。(あんしんBOOTH非対応です)

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

『放蕩者の遍歴(上)』 昭和松小説 全年齢対象・オールキャラ ページ数:76ページ 作者:濱松哲朗(遠足前夜) 【あらすじ】 昭和十年五月、日比谷公会堂。松野家の六つ子達は、 幼なじみのピアニスト・弱井トト子の凱旋帰国コンサートに集う。 やがて、何不自由なく学生生活を謳歌していた彼らの元にも、 時代の荒波が容赦なく押し寄せて来るようになる――。 SNS上で物議を醸したいわゆる「昭和松」イラストに着想を得た、 「おそ松さん」の六つ子達による日本文学史&音楽史オマージュが、今ここに開幕する。 サンプルはこちら→ https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=7297911 【注意事項】 このシリーズは、2016年7月末にTwitter等で問題となった、公式グッズのいわゆる「昭和松」イラストを、日本文学史と日本音楽史へのオマージュという形で生かそう、という試みです。 要するに、文脈無く提示されたイラストには「文脈」をつけてやりましょう、と考えて、それをやってみよう、というもの。 あのイラストをどの「文脈」に落とせば良いだろうか、と考えた時、真っ先に私の頭に思い浮かんだのは、戦後文学の膨大な作品群でした。 そのため、作中では以下の現象が生じています。 ・舞台が昭和10年代(全員1915年生まれ)。 ・基本的にオールキャラですが、章ごとに登場するキャラクターには偏りがあります。 ・6つ子はニートではなく、高等遊民(要するに、いいところのボンボン)として描かれます。 ・合わせて、トト子もなんかすごいことになってます。これには、史実に基づいたモデルがいます。 ・文学作品のオマージュやパロディ、あるいは文学史・音楽史の史実に基づいた描写が含まれますが、その都度注釈を付けることはせず、巻末に参考文献を上げるのみに留めます。 ・『細雪』(谷崎潤一郎)のパロディをするため、十四松とトド松は数年前に「本家の養子」に貰われている設定です。 ・この後、(中)(下)と続き、3巻本で完結予定です。 【商品の発送について】 ・スマートレター(180円)を使用します。(あんしんBOOTH非対応です)